M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

M字ハゲや後退の初期症状について

M字ハゲ・生え際の後退の初期症状としては、かなり若い年齢(20代)からも症状が出ると考えられています。

主な症状としては以下のとおり

  • 生え際や頭皮が常にかゆい
  • 短い毛や細い毛が抜ける
  • 抜け毛が多くなった
  • 髪の毛のボリュームが少なくなった
  • 地肌が見えてしまっている
  • 髪のセットがしずらい
  • 髪の毛が細くて柔らかくなってきた

最初は、上記のようなことについて「なんとなくそんな気がする」といったような自覚症状が出てくるのです。
特に、お風呂上りなどに実感するケースが多くなっています。
尚、すぐにこれらのことが引き起こされたのではなくて長い年月をかけて進行してしまっているのです。

 

進行段階としては、まずは生え際部分の毛が徐々に細くなっていきます。
そして、その細い毛がシャンプーや睡眠時などに抜けてしまって額が広くなったように感じるのです。
さらに、進行とともに本数だけが減っていってしまって目に見えるように生え際部分の髪の毛が少ないのを実感します。
男性の場合は、進行が早いですが女性は進行が遅くなっているのですぐには気付かない場合があります。
そのため、家族や友達に指摘されて気付くというケースもあります。

 

また、M字や生え際の後退が進行していくことで周りの目を気にするようになり、そのことがストレスになって進行を早めてしまう場合もあるのです。ストレスを感じると、血行が悪くなり頭髪へと栄養がいかなくなってしまうので髪の毛が成長せずに抜け毛・薄毛に繋がります。

 

手遅れにならないために気がついた時に対策する!

 

進行を止める為には、初期段階で対策することが非常に大切なのです。

 

M字・生え際の後退の初期症状の対処法

育毛剤やシャンプーで対策する

以下のような初期症状の方の対策です。
生え際が常にかゆい/短い毛や細い毛が抜ける/抜け毛が多くなった/髪のセットがしずらい/髪の毛が細くて柔らかくなってきた/

  • 生活リズムの乱れやストレスで血行が悪く栄養が毛根に行き届いていない。
  • 市販のシャンプーで皮脂を取りすぎている状態。

初期段階の一般的な対処法となっていて、進行を防ぐために薄毛の原因物質の生成を抑制する成分の入った専用の育毛剤やシャンプーを使用していきましょう。
もちろん、頭皮の毛穴の詰まりや皮脂の取り過ぎは頭皮環境を悪くするので、頭皮環境を正常化させるシャンプーも忘れずに使用しましょう。(ドラックストア等で売られているシャンプーやスカルプ系は、洗浄力が強すぎなためお勧めできません。)

 

薬で対策する

以下のような初期症状の方の対策です。

  • 髪の毛のボリュームが少なくなった
  • 地肌が見えてしまっている

AGAが進行してM字ハゲ・生え際後退している場合は、プロペシアの服用がお勧めです。
プロペシアは、テストステロンをDHTへ変換させてしまう5αリダクターゼ酵素を阻害する作用があるので、AGAの原因物質であるDHTを作り出さずに済むのです。
加えて、血行促進、血管拡張といった作用のあるミノキシジルについても頭髪へ栄養を行き渡らせるために活用しても良いでしょう。
ちなみに、M字ハゲ・生え際の後退については他の症状と比べてプロペシア、ミノキシジルが効果が高くなっています。

 

症状が進んでしまった場合・・・

症状が進んでしまった場合ですが、HARG療法や自毛植毛なども対処法として挙げられます。
HARG療法・・・その人に合った成長因子が含まれたHARGカクテルを頭皮へ注入することで、髪の毛を作り出す毛母細胞などを活性化させて育毛に導きます。
自毛植毛・・・AGAの影響を受けにくい後頭部に残った髪の毛を薄くなった頭皮に移植して定着させます。
移植した髪の毛については、地毛と同様1ヶ月に約1cmのペースで生えて加齢とともに白髪へと変化していきます。

 

M字ハゲ育毛剤!最新人気ランキングへ