M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

酒が薄毛にあたえる影響とは?

百薬の長と言われている酒は、血行を良好にする効果があるので全く害という訳ではありません。
ですが、飲む量によっては頭皮への害になる可能性があるのです。
(アルミ缶1本分が適量と言われています。)

 

例えば、大量に飲酒した場合は血液中の酸素や栄養素を減少させてしまうことが分かっています。
酸素や栄養素は、血行促進や髪の毛の成長へと繋がるので減ってしまえば頭皮の環境は悪化してしまうのです。

 

さらに、アルコールというのは肝臓で毒性のあるアセトアルデヒド→酢酸(無害)→二酸化炭素、水に分解されますが、大量に飲んで分解に間に合わない場合はアセトアルデヒドが悪酔いや二日酔いの他にもDHTへ増加させてしまうと考えられています。
DHT(ジヒドロテストステロン)というのは、脱毛の原因物質とも言われているので薄毛に繋がる可能性が高くなるのです。

 

尚、酢酸から二酸化炭素、水へと分解される過程でアミノ酸、ビタミン類を大量に消費してしまいます。
(アミノ酸は、髪の毛の元となるタンパク質でありビタミンも頭髪を健やかな状態に保つために必要ですので、健康な頭髪では満たされるべきものなのです。)

 

酒が薄毛を信仰させる原因まとめ

  • 栄養が失われて栄養不足になる
  • 酸素不足によって頭皮が硬化して栄養を運ぶ毛細血管の働きが鈍る
  • アセトアルデヒドが脱毛の原因になるDHTを増加させる
  • 発毛や発毛維持に必要な栄養素であるアミノ酸やビタミンが失われる

 

煙草が薄毛にあたえる影響とは?

百害あって一利なしと言われる煙草ですが、頭髪へも悪影響を及ぼします。
特に、煙草に含まれているニコチンというのは血管を収縮させてしまう作用があるのです。

 

いわば、血管というのは血液を運ぶ道路となっているので道が狭くなると渋滞が起こってしまいます。
渋滞というのは、血液もスムーズに行き渡らなくなるので血液に含まれた栄養もしっかりと届かなくなるため自ずと栄養不足を引き起こしてしまうのです。

 

さらに、煙草というのは髪の毛に必要なビタミンCを破壊してしまいます。
ビタミンCとは、頭皮の新陳代謝にも関与しますので不足している場合は頭皮の皮膚も新しい細胞に生まれ変わることが出来なくなるのです。
結果、頭皮が弾力性を失って硬化に繋がってしまいます。
硬化すると、頭皮の毛細血管の働きが鈍って栄養を運べなくなってしまうので髪の毛を作り出すことが出来なくなってしまうのです。

 

また、一酸化炭素を発生させる煙草はへモグロビンとの親和性が高く、結びついてしまうとヘモグロビンの酸素を運ぶという機能を阻害してしまいます。
そうなると、頭皮も酸欠状態となるので頭皮の筋肉が凝りかたまって、毛細血管が機能しにくくなって血行不良を起こしてしまうのです。
当然、血行が悪くなってしまうと栄養もしっかりと運べなくなってしまうので薄毛に繋がってしまいます。

 

加えて、ハーバード大学で調査したところ喫煙は脱毛の原因になるDHTを増加させるという報告があがっているのです。

 

煙草が薄毛を信仰させる原因まとめ

  • 血管を収縮させてしっかりと栄養が運べなくなる
  • 頭皮に重要なビタミンCを破壊する
  • 一酸化炭素によって血行不良に繋がる
  • 酒同様DHTを増加させる