M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

プロペシアとは?M字ハゲは治るのか?副作用について

プロペシアとは

 

2005年12月に発売されたプロペシアは、AGAの治療薬として処方される医薬品でAGAの原因物質を作り出す5αリダクターゼ酵素の働きを阻害する効果があります。

 

そうなると、脱毛物質であるDTHを生成を抑えることに繋がるのでAGA(男性型脱毛症)の症状を引き起こさずにすむのです。

 

さらに、DHTを抑制することで発毛サイクルが正常になるので発毛にも繋がります。
(DHTによって、成長期が短くなって髪の毛が成長しないために薄毛が進行してしまうのです。)

 

ちなみに、プロペシアとはもともとAGAの治療薬としてではなく前立腺肥大症の治療薬として開発されています。
ですが、服用した多くの患者に発毛効果がみられたので改めて育毛剤として研究開発が行われたのです。

 

M字ハゲへの作用

 

M字ハゲというのは、AGAの代表的な症状となっていてDHTの影響を受けている脱毛症となっています。
ですから、プロペシアを服用することで5αリダクターゼ酵素を阻害するのでDHTの生成を抑えてこれ以上の脱毛を防ぐことが出来るのです。

 

効果については、『脱毛の進行を防いで現状がキープされている』といった声が多くみられます。
一部では、発毛効果もあるという声もありますが、それはDHTが抑制されたことによって発毛サイクルが元通りになったからでしょう。

 

ですが、発毛サイクルが正常に戻ったからといって血行が滞っていたり栄養がなければ発毛に結びつきません。
やはり、生え際というのは5αリダクターゼ酵素が多く存在している上に皮膚が硬くなり、血行が滞って栄養が行き届かなくなっているので元々薄毛が治りにくい部位でもあるのです。
そのため、発毛促進するためにはプロペシア単体だけに頼るのではなく育毛剤や食生活や生活習慣の見直しなどトータル的に行っていきましょう。

 

※効果が出たからといってプロペシアの服用を途中で止めてしまった場合は、DHTの生成が盛んになってしまうので半年程で服用前の状態に戻ってしまう可能性があるのです。
(服用を中止するというよりも量を減らしていく方向で医師と相談する必要があります。)

 

副作用について

 

プロペシアの主な副作用は、リビドー減退、勃起機能不全などがあげられます。
その他にも、胃部不快感、性欲減退、精子減少、頭痛、腹痛、嘔吐、下痢、初期脱毛も考えられているのです。

 

リビドー減退…性欲や性衝動が抑えられる現象

 

さらに、薬というのは肝臓で分解されて排出されますが、服用し続けると肝臓へと薬が蓄積されて分解するための負担がかかってしまい肝機能障害にも発展する場合があります。

 

肝機能障害…肝臓が正常に機能しなくなり、全身倦怠感、食欲不振、呼吸困難、黄疸などの症状が引き起こされます。
放置してしまえば、肝炎、肝硬変、肝臓癌になる恐れもあるのです。

 

医師が処方する範囲で服用している場合に副作用が引き起こされる確立は4%と低いですが、上記の様な症状が引き起こされた場合は速やかに服用を中止して医師に相談して下さい。
※ネット上で個人輸入業者から海外製のプロペシアを購入する方法もありますが、多量に購入・服用すると副作用が引き起こされる可能性が高くなるので要注意です。