M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

ミノキジル塗布薬・タブレット効果

ミノキシジルを含有した育毛剤である有名な○アップについては、M字は生え際にとって発毛効果が高いとは言えません。

 

特に、DHTの作用によって引き起こされるM字は生え際の薄毛にはミノキシジル塗布薬のみでは効果は見込めないのです。

 

その理由から、病院ではM字や生え際の薄毛に関しては、プロペシアといった内服薬を処方されることが多いようです。
(プロペシアは、脱毛原因物質のDHTを生成させる5αリダクターゼ酵素を阻害する働きがあります。)

 

ミノキシジルは、血行を拡張して促進させて毛母細胞(髪の毛を作り出す)を活性化させる働きで発毛を促進する為、食生活が乱れていたりする場合は運ぶ栄養も偏ってしまうのでなかなか発毛には繋がらないのです。

 

従って、ミノキシジルの効果があるのは『頭皮の血行が滞っている人』となります。

 

以上の理由からM字や生え際に対しては、ミノキジルを使用するよりも5αリダクターゼ酵素を阻害する働きのある育毛剤プランテルとプロペシア内服薬が最強の選択肢ではないかと思います。

 

ちなみにプロペシアは塗布薬もあるようですが内服薬のほうが血液を経由するので効果は高まります。

 

育毛剤プランテルととプロペシア塗布薬を活用すれば発毛効果は、見込めます。

 

ミノキジルの副作用について

ミノキシジル塗布薬

頭皮のかゆみやかぶれが引き起こされる場合があります。

 

これは、ミノキシジルに含まれるプロピレングリコールによるアレルギー反応です。

 

ですが、市販で販売されている育毛剤に配合されているミノキシジルは多くても5%となっているので副作用は、殆どないと考えられます。
※海外製の場合は、10%も含有されている場合があるので副作用が引き起こされる可能性は高くなります。

 

ミノキシジルタブレット(内服薬)

多量のミノキシジルを摂取してしまった場合は、低血圧の原因となります。

 

そもそも、ミノキシジルは高血圧の治療薬として開発されたので低血圧が引き起こされてもおかしくはないのです。

 

その他にも、眠気、頭痛、めまい、吐気、性欲減退、体重増加、胸痛、動悸といった副作用が報告されています。

 

続いて、体には影響がないもののタブレットを服用してよく見られる副作用では全身の体毛が濃くなってしまうものがあるのです。

 

手や足はもちろん、背中や顔までの産毛も全体的に濃くなっていきます。
(「ミノキシジル 体毛」と検索すると画像が出てきます。)

 

実際に、知り合いも飲み始めてから体毛が濃くなってしまっているようです。

 

最後に、ミノキシジル(塗布薬・タブレット)の使用をやめてしまった場合ですが、血行不良によって栄養が行き渡らなくなって毛母細胞が活性化されませんので発毛効果が低下する可能性はあります。

 

ですから、やむを得ず使用を中止する場合は、食事、運動、マッサージ、睡眠などにいつも以上に気を配って発毛に繋げていく必要があるのです。
中でも、(ミノキシジルで補っていた)血行促進を心がけることが大切となります。
※効果が出てきた場合で使用を止めたい場合は量を減らしていく方向で、例としては毎日を2日に1度にして脱毛などが気にならなければ3日に1度、4日に1度にしていく感じです。

 

どちらにしても、M字や生え際の薄毛の進行を止めるには、まずはプランテルを使用して、それでも収まらない場合、病院へいきプロペシア内服薬を処方してもらったほうが良いでしょう。

 

→M字・生え際の専用育毛剤プランテルの詳細はこちら