M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

M字ハゲは遺伝するのか?

M字ハゲについての遺伝は、母方の家系にM字ハゲになっている人がいる場合は自分もなる可能性が高いですが、絶対的になるとは限りません。

 

理由は、M字ハゲを引き起こす原因として男性ホルモンがDHT(脱毛の要因)へと変換されて毛根内の受容体に結びついて毛根に入り込むことで脱毛の症状を引き起こすのです。

 

そして、遺伝を受け継ぐところとしてはこの受容体の感受性となります。
※感受性が強いとDHTと結びつきやすくなるのです。

 

なので、仮に感受性の強い受容体が優性遺伝されてもDHTを生み出さなければ受容体に結びつくこともないのでM字ハゲにはならないのです。

 

 

M字ハゲについての遺伝は、母方の家系にM字ハゲになっている人がいる場合は自分もなる可能性が高いですが、絶対的になるとは限りません。

 

理由は、M字ハゲを引き起こす原因として男性ホルモンがDHT(脱毛の要因)へと変換されて毛根内の受容体に結びついて毛根に入り込むことで脱毛の症状を引き起こすのです。

 

そして、遺伝を受け継ぐところとしてはこの受容体の感受性となります。
※感受性が強いとDHTと結びつきやすくなるのです。

 

なので、仮に感受性の強い受容体が優性遺伝されてもDHTを生み出さなければ受容体に結びつくこともないのでM字ハゲにはならないのです。

 

 

「M字ハゲは遺伝するのか?」

 

M字ハゲについての遺伝は、母方の家系にM字ハゲになっている人がいる場合は自分もなる可能性が高いです。
ですが、絶対的になるとは限りません。

 

理由は、M字ハゲを引き起こす原因として男性ホルモンがDHT(脱毛の要因)へと変換されて毛根内の受容体に結びついて毛根に入り込むことで脱毛の症状を引き起こすのです。
そして、遺伝を受け継ぐところとしてはこの受容体の感受性となります。
※感受性が強いとDHTと結びつきやすくなるのです。

 

なので、仮に感受性の強い受容体が優性遺伝されてもDHTを生み出さなければ受容体に結びつくこともないのでM字ハゲにはならないのです。

 

しかし、通常の人よりもDHTを結びつけやすい(ハゲやすい)ので、受容体について遺伝している場合は遺伝を受けていない人よりも積極的にDHTへと立ち向かわなければなりません。

 

ここでは、DHTへと変換させてしまう酵素(5αリダクターゼ酵素)を抑制することが第一です。

 

具体的な方法としては、5αリダクターゼ酵素を阻害するヒオウギエキスやオウゴンエキスなどが含まれた育毛剤の使用がお勧めとなります。
(通常の育毛剤では、育毛成分は配合されているものの、5αリダクターゼ酵素を抑制させる成分は入っていないので効果は見込めないのです。)

 

続いて、禁酒や禁煙の必要もあります。

 

飲酒というのは、大量に飲みすぎた場合に体内に分解されずにいるアセトアルデヒドが残留して酵素によってDHTへと変換させてしまうのでなるべくなら飲まないほうがいいでしょう。

 

煙草についても、アンドロステンジオン、テストステロンの他にDHTを増加させることが分かっています。

 

さらに、ストレスを感じるとそのストレスに立ち向かうために体内でDHTが分泌される仕組みになっているのでストレスはなるべく発散することを心がけましょう。
(DHTは、ストレスによって引き起こされる血管収縮を防止しようと分泌されるのです。)

 

ちなみに、亜鉛(生牡蠣、牛に多く含まれている)はDHTへと変換させる5αリダクターゼ酵素を抑制させる作用があるので積極的に補うことが大事です。
(亜鉛の1日当たりの摂取量は、3〜15rで補えない日はサプリメントの摂取でも大丈夫です。)

 

〜受容体の遺伝子検査〜

こちらのDNA検査は、男性が対象となっていて日本では殆ど普及されていませんが発毛専門クリニックのヘアメディカルでは受けることが可能です。

 

値段は、19,950円と高価ですがDNAは一生変化しないので一度受ければ良い検査となっているため調べる価値はあります。
(女性の場合は検査が複雑になるため検査対象ではありません。)

 

ここで、遺伝による受容体が原因でM字ハゲが引き起こされていると分かれば上記のように対処法も的を絞れるので気になる場合は是非チェックしてみて下さい。