M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

40代のM字ハゲは壮年性脱毛症!?

40代のM字ハゲは『壮年性脱毛症』と呼ばれ、10〜30代からと進行は既に始まっている場合が多く髪質自体も細くて抜けやすくなっています。

 

若年性脱毛症と同じく、抜け毛の原因物質であるDHTが主な原因ですが、若い世代と比較したときには体内の機能が低下しているので若年性脱毛症で行っていた対処法だけでは改善することは難しいです。

 

そのため、多くの場合はプロペシアやミノキシジルなどの医薬品を使用する場合が多くなっています。

 

壮年性脱毛症の対策

長い年月をかけて脱毛症が進行して40代で症状が目立つようになるものです。

 

これは、毛髪サイクルがDHTはもちろん加齢によっても短くなるために髪の毛を成長させる成長期の期間が短縮されます。
そうなると、髪の毛は細くて短い抜けやすい毛へと成長してしまうのです。

 

さらに、DHTが過剰に生成されて髪の毛を作り出す毛母細胞の活動が阻害されると「栄養は必要ない」と判断して血流が悪くなると考えられています。
加えて、皮脂腺を刺激して皮脂分泌を促す作用があるので、脂漏性脱毛症を併発してしまう場合があるのです。

 

こうなると、血流が悪くなることで頭髪へと栄養が行き渡らなくなり、皮脂によって毛穴を塞いでしまうのでM字ハゲの進行に繋がってしまいます。

 

医薬品や育毛剤

男性ホルモンであるテストステロンをDHTへと変換させる酵素を抑制させるプロペシアや血行促進させて栄養を運びやすくするミノキシジルの服用がお勧めです。
その他にも、DHTを阻害する育毛剤の活用も積極的に行いましょう。

 

また、脂漏性脱毛症を併発している場合は頭皮環境を正常化させる必要があるので、適度に皮脂を取り除いて頭皮に潤いを与えるアミノ系シャンプーへと切り替える必要もあります。
(市販で売られているシャンプーは、過剰に皮脂を取りすぎて防衛反応からさらに皮脂を分泌させることに繋がるので安価な合成界面活性剤が入っているシャンプーは控えましょう。)

 

血行促進

DHTの過度な生成によって血流が低下しているために、マッサージはもちろん全身の血流を良くする適度な運動(ウォーキングなど)が大事です。
尚、血行促進した際に運ぶ栄養も大切ですのでバランスの摂れた食事をすることも忘れずに行いましょう。
(炭水化物、たんぱく質の他にも野菜、果物、乳製品も取り入れて下さい。)

 

過剰な皮脂分泌を抑える

皮脂へと変化する糖分、脂肪分を控え、ビタミンB6(レバー、まぐろ、かつおなど)の摂取で体内から皮脂分泌を抑えましょう。

 

その他にも、血行不良、DHTの生成、栄養が行き渡らなくなることに繋がる煙草、酒、睡眠不足、ストレスを溜めるなども避けることが大切です。