M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

30代のM字ハゲの原因と対策

 

10〜30代は若年性脱毛症で括られますが、30代ではさらにM字ハゲが進行してしまっている場合が多いです。
尚、30代で男性型脱毛症の発症は10〜20代の人の倍以上増えます。

 

そのため、それ自体がストレスになってしまっている人も多いのです。
ですが、30代というのはまだ体の機能も若い状態ため、脱毛症の治療薬などに頼らなくてもM字ハゲが解消されるケースは多くなっています。

 

ちなみに、主な原因については脱毛物質DHT(男性ホルモン)が作用していることは30代でも同様です。

 

遺伝による原因

M字ハゲというのは、男性ホルモンであるテストステロンが酵素によってDHTに変化して受容体へと結びついて毛根に進入したときに起きます。
そして、毛根に進入する前の受容体”が優性遺伝している場合があるのです。

 

受容体の感度が高い場合は、DHTを結びつけやすいために毛根に入りやすくなっていて、両親の家系でこの受容体の感度が高い人(AGAの引き起こしている人)がいる場合は自分も受け継いでいる可能性が高くなります。

 

対策方法

遺伝の影響を受けている人は、バランスの摂れた食事や睡眠などだけを気を付けても改善の的を得ていないので発毛に結びつきません。
この場合は、DHTを阻害することに重きを置くことが大切です。

 

方法としては、育毛剤の使用がお勧めでDHTを作り出す酵素を抑える成分が多く配合されている製品を使用して下さい。
有名なところでいうと、薬用プランテルや濃密育毛剤BUBKAがお勧めです。

 

※発毛専門クリニックのヘアメディカルでこの受容体の感度を調べるDNA検査を行うことが出来ます。

 

食事についてですが、酵素を阻害する作用のある亜鉛の摂取も行っていきましょう。

 

ストレスによる原因

人間は、ストレスも感じると交感神経が刺激されて血管が収縮されてしまいます。
この時、血流活性効果のあるDHTが血管を拡張しようと働くのですが、このDHTというのは脱毛症の原因物質となっているので血管は拡張されるものの脱毛に結びつきやすくなるのです。
また、生え際というのは男性ホルモンの一種であるDHTの影響を受けやすいのでM字ハゲに繋がる可能性が高まります。

 

対策方法

M字ハゲ自体がストレスの場合も多いので、無理にストレスを解消をするのではなくなるべく他の事に気をそらす時間を増やすことがお勧めです。

 

外出の際は、締め付けない帽子を着用したり髪の毛でM字を隠すセット方法など髪の毛に負担がかからない程度で行うのも良いでしょう。
※ワックス等の付けすぎは、頭皮の毛穴を塞ぐことに繋がるので少量の使用が絶対です。

 

ちなみに、30代でM字ハゲが進行しているという人は10〜20代の頃から徐々に引き起こされている場合が多いので、早めの対策が必要となります。
今から始めれば、40〜50代での進行は防げますし元通りになる可能性も高いのです。