M字型・生え際後退の対策の為の育毛剤を選ぶ大切なポイント

M字ハゲ育毛剤!最新人気ランキング!

数か月で回復者続出!M字専用のプランテル!

使用数か月でM字ハゲへの効果を実感している愛用者が多いのが薬用プランテル。

 

M字型や生え際の後退の原因を徹底的に追及して、額にたまる薄毛の原因を制御する役割である天然成分と独自の製造技術が他社の育毛剤との違いである。

 

M字型にはM字型の薄毛になる理由があるということで、そこだけの育毛剤はこのプランテルだけといっていいだろう。

 

公式ページの口コミでもわかるように、使用者はかなりの確率で効果を実感しているようで評判も非常に高いく文句なしのランキング1位。

 

 

育毛保証書付き!チャップアップ(CHAPUP)

チャップアップ

チャップアップ(CHAPUP)は元々、薄毛クリニックで症状が悩む方限定で販売していた商品で、業界初の『育毛保証書』が発行される点と発毛専門医が推薦していることから現在もっとも注目されていいます。

 

『育毛保証書』とは30日間使用して効果がなければ、全額返金するという驚きの育毛剤です。

 

しかも、全タイプの薄毛に対応していることから『M字』は『生え際』にも当然対応しています。

 

日本臨床医学発毛協会会長の松山順(医師)がチャップアップの育毛・発毛効果について語っておりますが、成分に含まれる『センブリエキス』が特に効果が高いとのこと。

 

『センブリエキス』を脱毛症に80%の効果が認められたということです。

 

発売されて間もないですがM字ハゲや生え際の後退の症状も含め、使用者の97%が効果を実感したという結果もだしていることから今後、楽しみな育毛剤です。

 

濃密育毛剤BUBKA

現在もっとも発毛率が高いミノキジルと同等以上の育毛再生率の効果が得られたという実験結果をだしている濃密育毛剤BUBKA。

 

副作用のリスクが懸念されるミノキジルを使用するよりは断然、医薬部外品であるこちらのBUBKAを使用したほうが安心できる。

 

利用者もM字や頭頂部など色々なパターンの薄毛が6か月以内に効果を得られていることから非常に商品力の高い育毛剤ということがわかる。

 

ただ、その効果から考えると仕方がないことだが、価格が高いというところがデミリットを感じる。

 

 

世界が認めた育毛剤!M−1ミスト

世界毛髪会議で最優秀賞を受賞し、育毛剤としては非常に名の高いM−1ミスト。

 

宣伝・広告など一切使用せずに利用者の口コミと評判だけで35万本の販売実績が効果の目安になるのではないでしょうか。

 

ただ今回はM字・生え際の後退だけの育毛剤ランキングということで、M字ハゲに対するM−1ミストの実績があまりなかったことから3位となっている。

 

もちろん育毛の効果というのは本物だということは、男女とはず口コミでも多いので、M字以外でも育毛したい部分があるならM−1ミストは良いでしょう。

 

しかし、M字ハゲだけに特化するならプランテルで良いのではないかと価格を比較しても思う。

 

 

生薬100%製法の育毛剤WAKA

水を一滴も使わない生薬100%製法として発売されたWAKA。

 

よっぽど安価な育毛剤以外は基本的に水で薄めることはしていないので、珍しくはないのですが生薬100%の育毛剤はWAKAの特徴です。

 

厚生労働省が効果があると認めたという訴求がありますが、厚生労働省が認めているのは生薬で、そのほかにも厚生労働省が効果があると認可しているのは多くあります。

 

育毛剤として発売して日が浅い為、抜け毛が減ったなどの口コミが多く効果として評判は上々なので今後の動向に期待したい育毛剤です。

 

 

ランキング1位のプランテル使用前と使用後の写真

 

M字の後退が気になりはじめて、厚生労働省から認可を受けた育毛剤として信頼できると感じたことからプランテルを使用してみた結果どうなったか。

 

結論から言いますと、すごく改善してきたと思います。

 

M字ハゲSTOP.com|生え際の後退を回復する育毛剤ランキング!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
M字ハゲSTOP.com|生え際の後退を回復する育毛剤ランキング!

 

M字だけでなく全体的にも効果があるように感じます。

 

しかし、ただプランテルを使用しただけでなく、効果を最大限に発揮するためにも以下のことにも気をつけることも大切です。

 

「M字ハゲ生える為の生活習慣と意識するべきこと

 

M字ハゲを改善して髪の毛を生やすためには育毛剤の効果を最大限発揮するためにも食事、睡眠、洗髪といったような生活習慣を見直す必要があります。

 

食事はタンパク質とビタミンを意識する!

日頃の食事にタンパク質とビタミンを意識して摂取してみて下さい。
たんぱく質については、動物性(肉、乳製品、卵)よりも植物性の食べ物を摂取する方が頭髪には良いです。
理由としては、植物性タンパク質は納豆、豆腐などの大豆類でコレステロールを溶かす作用をもっています。
これにより、血液をサラサラにして血行を良好にすることが出来るのです。
反対に、動物性の場合は動物性脂肪の方も多く含んでいるためコレステロールが増えて血液をドロドロにして血行が滞ってしまいます。
また、動物性脂肪は男性ホルモンのテストステロンと結びつくと5αリダクターゼに変化してしまうのです。
M字ハゲを進行させる原因物質を作り出すと5αリダクターゼですから、当然摂取は控えた方が良いでしょう。
※男性ホルモンが5αリダクターゼでDHTへと変換されてアンドロレセプターへと結びつくことで脱毛が引き起こされます。

 

ビタミンについてはビタミンCがお勧めで頭皮の新陳代謝を高めることで常に新しくて弾力がある皮膚となるため、毛細血管の働きも活発化して栄養を送りやすくなるのです。つまり、頭皮環境が正常な状態となるので育毛環境も整うという訳です。

 

さらに、ビタミンB6の摂取も必須で、摂取したタンパク質をアミノ酸へと変えて髪の毛の元になりますし、過剰な皮脂を抑える働きも期待できます。(過剰な皮脂は、毛穴を塞いで発毛を妨げます。)

 

加えて、亜鉛も育毛には欠かせません。
先ほども触れたように、DHTは抜け毛の原因物質となっていますが、亜鉛はこのDHTを作り出す5αリダクターゼを阻害する作用があることが分かっているのです。
その他にも、毛母細胞の増殖を促進する効果もあるのでまさに育毛にはもっていこいの栄養素となっています。
(亜鉛をサプリで取る場合は、お茶や牛乳は栄養が吸収されにくいので水と摂りましょう。)
育毛剤ではプランテルが5αリダクターゼを阻害する作用があるので、使うならプランテルの利用が良いでしょう。
※体の中で最後に栄養が送られるのが爪や頭髪となっているので、しっかりと栄養をとらないと頭皮に送る栄養が不足してしまうのです。

 

睡眠時間にも気を配ろう!

髪の毛というのは、寝ている間に成長していて特に夜22時〜午前3時の間は最も成長が盛んになる時間帯です。
この時間帯に眠ると、成長ホルモンが大量に分泌されるので髪の毛を作り出す毛母細胞の働きが高められて髪の毛を生みやすくなり新陳代謝が活発になることで頭皮が若い細胞となります。
尚、すぐには眠れなくても横になることで頭が心臓と同じ位置になるということで血が巡りやすくなるのです。
そうなると、頭髪へと栄養が行き渡りやすくなるので横になるだけでも育毛効果は高くなります。

 

洗髪のしすぎに要注意!

頭皮の環境を良くするために、フケや皮脂や汚れを落とすことは大事ですが落としすぎている”場合が多いのです。
1日に2回以上洗髪する人は要注意で、脱毛行為になっているかもしれません。

 

そもそも、洗髪時というのは1日のうちで最も抜け毛が多い時となっているので、1日に2回も行ってしまえば抜ける量が増えてしまうのは当然です。そうでなくても、M字ハゲを引き起こしている場合は髪の毛自体が細く柔らかくなっているので少しの刺激でも抜け落ちてしまいます。

 

ですから、1日に1度のペースでシャンプー剤についても頭皮ケアが出来るスカルプシャンプーの使用がお勧めです。
少々値は張るものの、薄毛が進行している頭皮にはなるべく低刺激で肌に優しいシャンプー剤(アミノ酸系)でなければ頭皮が荒れたり皮脂が過剰に分泌されたりして毛穴を塞いでしまってせっかくの育毛剤の効果も見込めません。
(市販の安価なシャンプーは、洗浄力が高くなっているので必要以上の皮脂を取り除いてしまって頭皮を保護することができません。
さらに、頭皮は皮脂を補おうと過剰に皮脂分泌を働くのでその皮脂が毛穴を塞いでしまうのです。)

 

最後に・・・・

いくら育毛剤が良い製品でも生活習慣や食生活が乱れていれば、同じように薄毛の原因を作っては最大の効果が発揮できる訳がないです。
育毛剤で改善しようとしても次々と原因が作られていくわけですから・・±0といってところですよね。。
まずは、原因を作らない生活習慣・食生活を心がけて頭皮ケア・育毛ケアをすることできっと、いつの間にか薄毛も気にならなくなっていくでしょう。
正しい対策を続けることと、あまり気にしすぎてストレスにしないように心掛けましょう!

 

>>>使用した育毛剤プランテルについて